ssnews-title1-35 都市銀行H氏(30代後半)、地方銀行N氏(20代後半)、信用金庫支店長K氏(40代後半)氏
聞き手 スモールサン・ニュース記者 柳田のぞみ

(2012年11月11日インタビュー)


金融円滑化法、来年3月末に期限切れ!――2009年12月に施行され、約4年にわたって中小企業の資金繰りを守ってきたといわれる「円滑化法」。これがいよいよ来年3月で期限切れとなる。
景気の急降下を背景に、すでに金融機関による貸出先の選別が厳しくなってきているとも言われている。「円滑化法期限切れ」で何がどう変わるのか。中小企業経営者はそれをどう受け止め、どう行動すべきなのか。今回は、都市銀行と地方銀行、信用金庫に勤める金融マン3名で「覆面座談会」をお願いした。
金融マンの「本音」を知って、あらためて経営者は自社を取り巻く金融環境について考えていただきたい。


e8a686e99da23e4baba-01柳田 今日は、都市銀行入行12年目のHさん、地方銀行入行4年目で今年の5月から条件変更(リスケ)に携わっていらっしゃるNさん、そして信用金庫で支店長をされているKさんに来ていただきました。

日本国内外で景気が急速に冷え込みつつあり、また来年3月には金融円滑化法が期限切れを迎えるということで、スモールサンでは東京と京都で「緊急講演会」を開催するなど、「中小企業経営者は気を引き締めて事態に対処する必要がある」と繰り返し警鐘を鳴らしてきました。
経営環境の悪化は、中小企業の資金繰りを直撃します。

そこで、今回は、現役金融マンのお三方に「融資する側の本音」を語っていただいて、スモールサン会員の方々にはそれを金融機関との上手な付き合い方の参考にしていただきたいと思います。今日は山口先生もいませんので、伸び伸びとやっていきましょう(笑)。 よろしくお願いします。 続きを読む »

ssnews-title1-34

未来世紀ジパング去る11月5日テレビ東京系列から放映された「未来世紀ジパング」にナビゲーターとして出演した。タイトルは、「世界に羽ばたく日本の技術 日本食ブーム! 陰の主役食品ロボット」。

日本の中小企業の技術が、日本の食文化の海外への普及に一役買っていることを検証したものである。
私は、事前調査を踏まえて事実の紹介や解説を行う「ナビゲーター」の役割を担った。おかげで、技術開発の現場視察や海外ロケにもかかわり、大変興味深い体験ができた。そして、その体験が、「技術」と「文化」との関わりについてあらためて考える機会となった。
以下、「思うところ」を記してみたい。

続きを読む »


景気早期回復論は信用できるか? 聞き手 柳田のぞみ(スモールサンニュース記者) 相次ぐ景気悪化指標 ~GDPもマイナスに~ 柳田 「知っとこニュース」にも書かれていましたが、景気悪化を示す指標がどんどん出てきていますね。 […]