SSNEWS-title1本刊対談 有限会社長岡生コンクリート専務 宮本充也氏
聞き手 萩原直哉氏(株式会社オプティアス代表、スモールサンM&Aプロデューサー)


名称未設定-1 スモールサン・インターネットラジオ――そこに登場する経営者や専門家たちの発するメッセージ、経営のヒント、そして「元気」や「熱気」。成長を望む経営者にとって、それはまさに「宝庫」である。

 今回は、そのラジオから、昨年(2014年)10月6日と11月3日の2回にわたって放送された――といっても、インターネットラジオはスモールサンのホームページをクリックさえすれば、過去に放送されたものも含めていつでも聴くことができるのだが――「萩原直哉のスロートーク」の内容を紹介する。

 ゲストは、有限会社「長岡生コンクリート」の専務、宮本充也氏。閉塞感に満ちた業界に“新風”を吹き込み、自社だけでなく、業界そのものの革新に挑んでいる。すでに画期的な成果も生まれてきている。「ウチの業界、将来性ないなぁ~」なんて感じているすべての経営者諸氏に、ぜひとも聴いてもらいたい内容である。

 萩原氏と宮本氏のラジオでのやり取りを、以下にできるだけ忠実に再現するつもりだが、字数の制限もあり、かなりの部分をカットせざるをえない。皆さんにはぜひスモールサンのホームページをクリックして、「生の声」を聴いてもらいたい。(以上、山口義行立教大学教授、スモールサン主宰)
続きを読む »

SSNEWS-title1本刊論文モノが言いにくくなったら、社会も会表現者の会 フリージャーナリストや学者らが、去る2月9日会見を開き、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。インターネットなどを通じ、映画監督森達也さん、社会学者の宮台真司さん、作家平野啓一郎さんや中島岳志さんら表現に携わる1200人が賛同し、NHKのディレクターや新聞記者も名を連ねたという。この会見のことを記事にした朝日新聞は、古賀茂明氏のこんな言葉を引用している。

B9aOGjoCQAAyS0Y 1月下旬、コメンテーターとして出演するテレビ朝日の番組で人質事件に絡み「アイ・アム・ノット・アベ」と話したところ、ネット上で「政権批判をするな」などの非難が殺到。神奈川県警から自宅周辺の警備強化を打診されたという。声明では、「物言えぬ空気」が70年前の戦争による破滅へ向かった、と指摘している。(朝日新聞2月9日)

 安倍政権誕生以来、たしかに「物言えぬ空気」が日本を覆ってきているように思う。
続きを読む »


消費増税後の落ち込みから脱しつつも、中小企業の景況はじりじりと「悪化」の傾向
・「景気はよくなりつつある」と言いたい政府と経済メディア
・消費増税後の落ち込みからは脱しつつあるものの、中小企業の景況は悪化傾向
・景気の当面の先行きは?~中小企業は「悪化」、大企業もピークアウト~