SSNEWS-title1本刊対談2

株式会社五常 代表取締役社長 板谷保氏 
株式会社五常 取締役副社長 河野佳介氏
聞き手 立教大学教授 山口義行(スモールサン主宰)


07 本年をもってスモールサンは立ち上げから8年目となり、各地で活動を続けるスモールサンゼミも5期目、6期目というところが増えてきている。いよいよ「“学び”を“実践”に、さらには“実績”につなげる」というのが会員諸氏の課題となりつつある。
 そんな中、会員企業には「学び」を生かしてこの数年間ですでにめざましい「実績」をあげてきたところも多い。そこで、今回はそうした企業の1つである「株式会社五常(ごじょう)」の板谷保(いたたにたもつ)社長と同社の河野佳介(かわのけいすけ)副社長にご登場いただき、スモールサンでの学びを生かして新たなビジネスモデルを構築し、この3年で売上げを3倍にまで伸ばした両氏の経営実践についてお話を伺うことにした。
続きを読む »

SSNEWS-title1本刊論文2 image 三菱東京UFJ銀行は国債の入札に特別な条件で参加できる資格を国に返上する方向で調整に入った――去る6月8日、新聞各紙が一斉にこう報じた。ここでいう「資格」とは「国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)」のこと。

 一部の銀行や証券会社を対象にしたもので、財務省との意見交換の場に参加できるかわりに、発行予定額の4%以上の応札を義務づけられるというものである。三菱東京UFJ銀行(以下、三菱銀)がこの「資格」を「返上します」というのであるから、これは平たく言えば「わが銀行は、国債買い取りなんてもうお断りです」という「国債離れ宣言」に等しい。これで、長らく国債の安定消化を支えてきた国と銀行との密接な関係に「ひびが入る」のではないかと、今後の影響を懸念する声もあがっている。以下では、三菱銀の「資格返上」の意味について考えてみることにしたい。 続きを読む »


非製造業にも広がりつつある景況悪化
~“消費増税再延期”で16年度景気はさらに低迷する?!~
●“増税再延期”で「駆け込み需要」期待が“消えた”!
●大企業や中堅企業でも「景況悪化」企業が急増
●景況悪化が“非製造業”にも広がり始めた
●「強気の見通し」が繰り返し裏切られるのが“景気下降局面”
●原材料コストや人材採用の環境は「好転」が期待できる