SSNEWS-title1本刊巻頭インタビュー

立教大学経済学部教授、スモールサン主宰 山口義行
聞き手 スモールサン事務局員 北嶋詩穂


[目次]
はじめに――「恩恵なき支持」
Ⅰ “ぬるま湯資本主義”とは~その4つの事象~
Ⅱ “ぬるま湯資本主義”の構図~「ゆるい金融」「人口減少」「好都合な円安」
……以上、前号
Ⅲ 「政策依存症」の恐怖~累積する矛盾~
Ⅳ “ぬるま湯資本主義”の終焉~「終わり」はこうしてやって来る~ 続きを読む »

SSNEWS-title1本刊論文

主宰、立教大学教授山口義行


 去る9月4日「スモールサン日曜大学」が立教大学で開催され、全国からおよそ220名の会員諸氏が一堂に会した。各地のゼミでお会いしている方が多かったが、久しぶりの方も少なくなく、またご友人、ご子息、従業員の方々をお連れ下さっているケースも多くて私にとっても人的ネットワークを広げるいい機会となった。
 そんな方々とお会いして、スモールサンに集う企業には一つの特徴があることにあらためて気づかされた。それはいずれの企業も「活かす力」に長けているということ。
 人を活かす「人活(じんかつ)」、学びを活かす「学活(がっかつ)」、そして地域を活かす「地域活(ちいきかつ)」――最近スモールサンに入会されたという方のためにも、今回はこれら3つの活用事例を簡単に振り返ってみたい。 続きを読む »


“緩やかな下降” 続く中小企業景気
~限界近づく「量的緩和政策」の今後を注視せよ~

裏切られた「回復期待」~依然として景気は「低空飛行」~
「設備投資に持ち直しの兆し」は本物か
広がる不動産市場の需給ギャップ
今後の金融政策に注目を