SSNEWS-title1本刊対談

JICA副理事 越川和彦 氏
聞き手 スモールサン主宰 立教大学教授 山口義行


今回は2017年「新春対談」として、JICA副理事である越川和彦氏と、スモールサン主宰で外務省参与も務める立教大学教授山口義行との対談を掲載する。

テーマは、「外務省・JICAが支援する中小企業の海外展開、その仕組みと現状」である。
海外展開を考えている経営者諸氏はぜひ参考にしていただきたい。

なお、以下は、日本BS放送(BS11)の「中小企業ビジネスジャーナル」で本年1月2日に放映された「越川・山口対談」(注)を振り返りながらの会話である。

名称未設定-1
 (注) 番組はユーチューブ(右の画像よりリンク)で観ることができます。
その動画の18分ほど経過したところから「越川・山口対談」が始まります。
なお、そこまでは「第1部」として、昨年活躍した中小企業を表彰するコーナーが放映されています。ぜひ、そちらもご覧いただければと思います。


続きを読む »

SSNEWS-title1本刊論文

スモールサン主宰 立教大学教授山口義行


「雇用 4年で250万人増」
――本年1月8日、日本経済新聞はこんな見出しの記事を掲載した。

雇用増は安倍首相が「アベノミクスの成果」として常々強調してきたものだし、中小企業の深刻な人手不足はすでに現実のものになっているのだから、この見出しにもさして目新しさを感じない人がほとんどだろう。
記事も「緩やかな景気回復の下で、雇用者数が伸びている」という一文から始まっていて、「雇用増」を「景気回復」に伴うごく当たり前の現象として扱っている。

 しかし、私は「雇用250万人増」という事実に「違和感」を持たないではいられない。
というのは、この4年間日本経済は「250万人もの雇用を創出できるほどに力強い成長を遂げてきたのだろうか」という疑問が払拭できないからである。

続きを読む »


揺れる市場、不透明な景気先行き
・揺れる市場
・「便乗相場」の限界
・いよいよ飛び出した「トランプ氏の“ドルは強すぎる”発言」
・日本の不動産投資にブレーキをかけた中国政府!
・「消費」は低迷、「生産」は「まだら模様」、「先行き」は不透明