SSNEWS-title1本刊レポート

立教大学名誉教授、スモールサン主宰、山口義行


 「鐘は打つほどに響く」――どんなに立派な鐘であっても、打ち手がきちんと打たなければいい音色では響かない。優秀な経営者たちと多様な専門家たちで構成されているスモールサン。このネットワークも同様である。それをどう活用するかは、会員諸氏の力量に負うところが大きい。
 では、会員諸氏はどんな期待をもって入会し、どのようにスモールサンを活用されているのか。本年3月、その実態調査が行われた。スモールサンでは初の会員向けアンケートである。300名ほどの会員諸氏から回答が寄せられた。この場を借りて、ご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げたい。
 以下では、そのアンケート結果を、若干の論評を交えながら紹介していこうと思う。スタッフ一同、この調査結果を踏まえてさらに充実したスモールサン活動を目指して尽力する所存である。会員諸氏には、この調査結果も参考にしつつ、スモールサンの一層の積極活用をお願いしたい。 続きを読む »

SSNEWS-title1本刊論文

今、ニッポンの“品性”が問われている!

~大丈夫なのか? 政治、メディアそして国民~

立教大学名誉教授、スモールサン主宰、山口義行


000 「今、ニッポンの品性が問われている!」――昨今の政治情勢を見ていると、そんな感じがしてならない。安倍晋三氏を強大な権力者に仕立て上げてしまった政権の長期化と高支持率。今や、水戸黄門の印籠のように「安倍総理の意向」を掲げれば、日本の行政機構全体がそれにひれ伏す状況になっている。

 「森友学園」問題も「加計学園」問題も、こうした政治状況が生み出した「ゆがみ現象」に他ならない。 続きを読む »


ふらつきながら「足踏み」続ける景気~4-6月期企業景況感軒並みマイナス~
・法人企業景気予測調査で4-6月期は軒並みマイナス
・アパートローンが急減速
・減退し始めたアメリカの消費
・中国特需に沸く工作機械業界の行く方