SSNEWS-title2別刊訪問皆さん、こんにちは!スモールサン事務局の山口恵里です。
「山口恵里の“現場に行く!”」第19回は、スモールサン・ゼミYOKOHAMAの特別企画【左官体験企画in有限会社原田左官工業所】に参加して、現場レポートをお届けします!
01
 原田左官工業所は、平均年齢60歳とも言われる左官業界にありながら、46名の職人の内過半数を20~30代が占め、その内9名が女性という若者・女性の驚異的な定着率を誇る革新企業。
 若者が定着しない理由の一つである「技術は盗め」という慣習を廃し、名人のビデオ映像を見て真似るモデリング訓練を採用。技術習得が飛躍的に早まり、早い時期から仕事の一部を与えてもらえることで、「自分も役に立っている」という自覚に繋がります。
 また、見習い期間が終了する「年季明け」には、家族や取引先も集めて大々的に「年明け(ねんあけ)披露会」を開催。4年間の成長を収めたフォトブックを家族にもプレゼントすることで、両親は「いい会社に入った」と喜び、見習い工たちには憧れと責任感が芽生えるのです。
 これらの育成方法はWEBサイトにも分かりやすく記載している他、仕事体験ツアーを企画している株式会社仕事旅行社と提携して、左官に興味のある若者が職人の仕事を体験できる機会も作っています。

 スモールサンニュース2015年3月号で記事を掲載して以来、スモールサン・ゼミでもその「革新的な人育て」について聞きたいという声が上がり全国各地でご登壇いただいています。
 そんな中、今年3月にゼミYOKOHAMAで講義が行われるや、「ぜひ左官体験で現場を見たい!」という声が上がり、原田氏のご厚意により翌4月には特別に左官体験企画が開催されました!
 そこで今回の「現場に行く!」では、“新たなプロを育てる”原田左官工業所での左官体験をレポートすると共に、学ぶこと・体験することに前向きな経営者さんたちの熱をお届けします!
 皆さん、ご期待ください!
 新たなプロの育て方
 また、原田氏の著書が好評発咳中です。原田左官工業所での人材育成の方法、若者や女性の定着の仕組みを知りたい方はぜひ、右の表紙画像から詳細をご確認下さい!
『新たな“プロ”の育て方-なぜ左官屋で若者と女性が活躍できるのか-』
(クロスメディア・マーケティング)
待望の書籍化! 「ガイアの夜明け」で大反響。
経験ゼロから1か月でプロの入口に立たせる話題の“モデリング”を一冊に。
続きを読む »


 メディアが流す情報から「中小企業に関わるニュース」を選び出し、スモールサンで若干のコメントを付して紹介するコーナー。中小企業経営者であれば、せめてこれくらいのニュースは「知っておこう!」という意味を込めて、このコーナーを「知っとこニュース」と名づけました。
 
今月は下記のニュースです。

16年の倒産・廃業の合計件数は3万8000件
~アベノミクスがスタートする前の2011年と同水準~

続きを読む »